旭ロールの代名詞と言えるエンボスロールとは?サービス内容や評判を調べてみた

旭ロール株式会社は、雑貨や壁紙、自動車の車輌内装等にも使われているエンボスロールなどを製造している会社です。
この記事では、旭ロールの事業内容や特徴、この業界の未来展望について探っていきます。

旭ロールの事業内容

旭ロールは、東京都葛飾区に本社を置いており、エンボスロール、プレシジョンロール、加工品などの製造を行っています。
その製造は長年の経験と専門知識が不可欠となっており、旭ロールでは、専門知識を持つ技術者やエキスパートが製造プロセスを管理し、高品質な製品を提供しています。

カスタマイズ能力

異なる素材、パターン、サイズ、デザインなどの要件に対応し、高品質な製品を提供しています。
製品に施すデザインやパターンは、顧客の要求や製品の用途に応じて異なります。それらを、正確に再現するためには、高い技術力だけでなく、デザインの知識や経験が要求されます。

グローバル展開

旭ロールは、国内だけでなく、国際市場にも製品を提供しています。
主な輸出国は、イタリアやフランスなどの欧州から、アメリカやブラジルなどの北中南米、韓国や中国などのアジアなど世界25か国へと広がっています。
これは、旭ロールが、国際的な標準に合う製品を提供する事が出来る会社という事が分かります。

エンボスロール、エンボス加工の特徴は?

旭ロールの代名詞と言えるエンボスロールとはどういったものなんでしょうか?
エンボスロールとは、あらゆる素材に型付けできる金属ロールの事です。このロールに凹凸模様を施し、それを製品に圧接する事を、エンボス加工と呼ばれています。

エンボス加工は、多くの分野で使用されており、例えば、床材や壁材、自動車のダッシュボード、シートカバーなどで加工されています。

エンボス加工が広く使われる理由は、

  • 製品の表面に模様などを施すことで、製品がより高級感やデザイン性が向上する
  • 手触りなどの質感が向上

といった点などが挙げられます。
機能性はもちろんのこと、製品のブランディング効果を高める事が出来ると言われています。

主な活用事例

エンボス加工された製品は、生活の中にありふれています。
例えば、室内であれば、ソファーやテーブルなどの家具、カバンや財布などの雑貨、フロアタイルなどの床材などとても身近な存在となっています。

旭ロール会社概要

商号
旭ロール株式会社
本社
〒125-0063
東京都葛飾区白鳥3-22-19
設立
1934年5月
公式サイト
旭ロール株式会社のサイトへ
error: Content is protected !!