CNO株式会社はどうなの?事業内容とマンション運営の評判

大阪に本社を置いている「CNO株式会社」は2018年に設立された不動産会社について調べてみました。
主な事業内容から、顧客から好評を得ているサービスなども紹介していきます。

CNO株式会社はどんな会社

CNOはどのような会社なのか、まずは基本情報を確認してみます。

基本情報

商号
CNO株式会社
本社
〒542-0082
大阪府大阪市中央区島之内 1丁目8番8号 長堀橋KOURINビル8階
設立
2018年2月9日
公式サイト
CNO株式会社のサイトへ

事業内容

収益不動産売買仲介、不動産の売買、賃貸、管理及び仲介、相続コーディネート

収益不動産売買仲介とは

事業内容に記載されている「収益不動産売買仲介」とは、どのようなものなのか確認してみました。

不動産売買仲介とは、不動産の取引に際し売主と買主の間に立って契約を進め、成立させることを言います。
会社によって、中古マンションや土地、投資用物件など取り扱いも様々で、顧客のニーズに対応できるようにと全てのジャンルを取り扱っている会社もあるそうです。

CNOではマンションの取り扱い

資産形成CNOではマンションをメインに、賃貸、販売を進めているようです。
最近では、将来的な資産形成や生命保険代わりとして、不動産投資を始める方が増えています。

特にマンションの1室を購入し、他者に貸して家賃収入を得る収益物件が増えており、投資用のマンションまで販売されています。

マンションの運営は大変

マンションの運営は、入居者の募集や、清掃やメンテナンス、建物の修繕など、実はとても大変な事もあり、管理や運営が大変だからと不動産投資を回避するという方もいるそうです。

入居者がいなければ家賃収入も見込めないため、特に空室や家賃滞納などのリスクを回避したい所です。
そこで、CNOでは安心の家賃保証を導入。これらのサービスは、安定した家賃収入を得ることが出来るとオーナから評判がいいそうです。

借上保証契約

借上保証契約とは、オーナーより賃貸物件を借り受け、賃貸経営を行います。
その際、入居者の有無にかかわらず、オーナーに毎月安定した家賃収入を保証する。というシステムです。

滞納保証契約

CNOが家賃集金を代行し、毎月オーナーに入金するシステムです。
家賃の滞納が続くと、収入をが得ることが出来ませんし、入居者への対応などで労力がとてもかかることから、家賃滞納が心配なオーナーに最適なシステムとなっているようです。

業務代行システム

入居者管理を代行してくれるシステムです。
入居者に連絡をしたくても、連絡が取れないなどとても手間がかかる作業だとそうで、最近では、入居者の管理アプリを導入している会社が増えているそうです。不動産のプロが代行をしてくれるので、マンション運営が初めての方でも安心できそうです。

まとめ

代行サービスや家賃保証制度と言ったシステムがとても好評なCNO株式会社。
今では、不動産会社はコンビニの2倍以上あると言われており、色々なサービスやシステムを導入し、他社との差別化を図っています。

不動産の売買となると、会社の規模で依頼するかどうかを判断しがちですが、求めている条件に合っているかなど比較するのが大切なのかもしれません。

CNOは、小規模ではありますが、地域に根差し、オーナーに寄り添う不動産会社という事がうかがえます。