パナソニックは省エネに対する技術に定評あり?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックは大阪府門真市に本社を置く、総合エレクトロニクスメーカー。パナソニックに関する歴史・部門や口コミ評判を調べてみました。

パナソニックとは

家電の歴史パナソニック1935年に設立、創業は1918年で、創業者の松下幸之助が23歳の時にアタッチメントプラグを生み出し、製造販売したのがきっかけです。
家族3人で始めたというエピソードがあります。

家電製品のメーカーとしては国内最大級の規模を誇り、国内に留まらず、海外にもファンが沢山存在します。

家庭用の電化製品以外も幅広く製造販売しており、部品や情報通信機器、FA機器に住宅に関わる機器など様々な分野の事業を行っています。

組織形態について

社内には大きく分けて5つの枠組みが存在します。
テレビや冷蔵庫などの家電に関わる部門をアプライアンス社技術本部、BtoBソリューションの部門がAVCネットワークス社技術本部、住宅関連の部門がエコソリューションズ社技術本部、車載やデバイス部門がオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社技術本部、そしてテクノロジー&デザイン部門の先端研究本部や生産技術本部があります。

一番身近な家電の評価

家電屋一般の消費者がパナソニックのサービスを一番身近に感じられるのが、家電に関わるアプライアンス社技術本部の手がける製品の数々です。

テレビに冷蔵庫、洗濯機という昔よくいわれた三種の神器の家電製品を現在でも積極的に売り込んでおり、多くの人に使われています。

これらばかりでなく、電子レンジやIHクッキングヒーター、炊飯器に掃除機、エアコンやブルーレイレコーダーなど、家庭でよく使う家電製品のラインナップが豊富です。

昔から松下電器やナショナルの名称で親しまれており、若い人からお年寄りまで幅広い世代に支持されているのが特徴といったところです。

定番のテレビについてですが、パナソニックからはビエラというブランドが提供されています。
現在は液晶テレビが主流で、以前はプラズマテレビを提供する数少ないメーカーでもありました。

液晶テレビのビエラに対する口コミを集めると、色が鮮やかで白黒のコントラストがはっきりしているという意見が見られます。
これといって突出した特徴はないものの、無難な仕上がりであるのがむしろメリットであるともいわれています。

省エネに対する技術には定評があり、他のメーカー製の液晶テレビに比べると若干価格が高くても電気代を安く抑えられるため、長く使うのであればお得という評価があります。

テレビ以外の家電製品に対する口コミも無難な内容にまとまっている感じからして、とりあえずパナソニック製品を購入すれば失敗がないと判断できるでしょう。

パナソニックの評判や口コミ

新商品の紹介も多く、ほとんどがオススメの高評価です。
「Panasonicリフォーム」の石田ゆり子さんとムロツヨシさんの新TVCMも話題になっていました。

会社概要

公式サイト
パナソニックのサイトへ
会社名
パナソニック株式会社
本社所在地
〒571-8501 大阪府門真市大字門真1006番地
電話番号:06-6908-1121(大代表)