共立美容外科の診療方針と信頼性はどうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「共立美容外科」は、はるな愛さんの宣伝で共立美容外科の存在を知った方も少なくないのではないでしょうか。
そんな「共立美容外科」の診療方針と信頼性について調べてみました。

診療方針

方針美容外科クリニックはどんどん新しくできています。
その中には決して良心的とは言えない、営利目的で患者をたくさん抱え込み、トラブルも多く閉院していく病院も多く見られます。

そのような業界の中で共立美容外科は1989年の開院から28年間、成長を続けつつ続いてきた美容外科クリニックです。

美容外科クリニックは基本的に自由診療で保険のきく医療ではありませんが間違いなく医療行為で、どのようなスタンスで診療しているかどうかは病院を選ぶ一つの基準になります。

信頼性

共立美容外科では患者の詰込みや手術の強要は行わないこと、カウンセリングの徹底と丁寧な説明で手術などの治療に納得した人たちだけに治療を行っていくことが明記されています。

美容外科の治療はその治療をしなければ命にかかわるような病気を扱っているわけではありません。
基本的に自費診療ですから治療などにかかる費用も高額になってきます。

ですから、自分が行おうとする治療について、そのメリットとリスク、起こりうる合併症など十分理解し治療を行わなければ、トラブルの原因になってしまいます。

この点からも、一人一人の患者への十分対応を心掛けてること、そして30年近くの長い間、診療を続けられていることは評価に値すると考えてよいでしょう。

SNSの評判

モデルや芸能人も美肌や脱毛に多く通っているようで、関西だけでなく知名度や評判も良さそうです。

共立美容外科の評価

医療の正解はその技術が日進月歩、進化しています。
それは美容外科も例外ではありません。

二重瞼の手術にしても簡単にできるものから、少し難しいけれども永久的に二重にできる手術方法など様々です。

また、患者さんの最も嫌な部分である痛みを感じるという点においても改良が重ねられています。
総括院長は日本美容外科学会の理事でもあり技術においても信頼できるものと考えられます。

美容外科の最も重要な点は見た目の美しさを手に入れることも重要な要素ではあります。
しかし、それが最終目的ではありません。

見た目よりも、それまで悩み続けて充分考え悩みぬいてそれでも解決できない心の病気を治すことがもっとも大事なことであり、その後の長い人生を前向きに生きて、明るい人生を全うできる状況を作り出していくことが美容外科の役割なのではないでしょうか。

共立美容外科では美容という医療技術を用いながら、患者の心も治療していく姿勢を見ることができます。
さらに、医師と患者はともに人間で、どうしても合わないこともあり得ます。

一人の医師がすべての診療をしているクリニックではないので、別の医師の話を聞くこともできるため病院をいろいろ変える必要なく、自分に合った医師を探せるのもメリットではないでしょうか。

会社概要

公式サイト
共立美容外科のサイトへ
院名
共立美容外科
本院所在地
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-9-2久保ビル7F

関連するページ